顔汗 止める。私の方法。

顔汗 止める。私の方法。

  • 会社の自分のデスクに座っていて、おでこに汗がしたたり落ちることがありますか?
  • 真冬に、顔に流れる汗のせいで恥かしい思いをしたことがありますか?
  • そのせいで人と交わるのが怖くなっていませんか?
  • また汗が出るのではと思うと一層汗が出て困ったことはありませんか?

 

もしこうした事が心当たりがあるなら、あなたは顔面多汗症かもしれません。

 

顔汗は誰にとっても面倒です。顔だけに隠しようがないですし、それだけにストレスもたまります。

 

アンケートによると脇汗や手汗など他の体の部位に大量に汗をかく人でも、一番嫌なのは顔汗だとか。

 

顔汗

 

こうした多汗症の原因は、病気に起因するものでなければ、体質だったり精神的なものだったりするそうですが、根本的には病院での手術を始めとする治療が最も確実だそうです。

 

とは言え、手術は抵抗がありますよね。そもそも病院に行くことだけでも「そこまで深刻ではない」とも思うし。

 

私自身、顔汗に悩んで、うつになりそうなほど「顔汗」に苦しめられ、最終的には人に会うのが怖くなるほど追い詰められました。

 

そして、幸いにして、なんとか汗を抑える方法を見つけました。

 

そんな私が、自分の経験に照らし合わせて効果的だった「顔汗」対策を紹介します。

 

同じ悩みを抱える人のお役に立てればうれしいです。

 

 

自己紹介

 

私が「汗かき」かも、と思ったのは小学生の頃だったと思います。夏はもちろん、冬でも汗がダラダラ。

 

別にお相撲さんのように太ったりもしていません。

 

ただ小さい頃は汗かきでもそれほど気になりませんでした。みんなもそうだろうと思ってたんです。

 

ですが、本格的にお化粧をする大学生ごろからちょっと面倒だなと思うようになりました。

 

汗が出てテカテカするのも嫌だし、脂ぎって見えるのも恥ずかしい。そのため何度も化粧直しをして・・・。面倒でした。他の人はどうしてるんだろうと思い友人に聞いたところ、

 

 

そんなに顔に汗って書かないんだけど。確かに○○は汗かきだよね。


 

私って汗かきなんだ…と気づかされた瞬間でした。それから、気になって気になって。それが悪かったんでしょうか、気になって汗を止めようと思えば思うほど止まらなくなりました。

 

特に人前で話す時は最悪。いつも汗だくだったので、仕事中、お客様に「大丈夫ですか?」と心配されたほど。

 

もちろん、ハンカチが手放せなくなり、でもそれが「太っているせい」と思われていないか気になりだして、そうすると、どっちにしても恥ずかしくなって。何をしても悪循環、汗が出る方、出る方に追い詰められました。

 

精神的にまいってしまって、会社に行けなくなり、でも、歯を食いしばって会社に行き、でも、またお休みして。これの繰り返し。もう生活がボロボロでした。

 

大げさでなく、このままでは本当に人生が終わってしまうと思い、顔汗を止めるために、数限りなく試してきました。

 

例えば、胸の上5cmあたりになるツボを押すと顔汗が止まる「つぼマッサージ」とか、身体を冷やすと良いというので冷たいものをやたらと飲んだりとか、汗腺を鍛えるために朝や晩にウォーキングをしてみたりとか。

 

精神を落ち着かせるための音楽も試しましたが、私には合っていなかったようで、効果はありませんでした。

 

もちろん、制汗剤も試しました。それこそ数限りなく。でも、汗が止まらず制汗剤の香料と混ざって変な異臭を放つものだったり、白く跡が残ったり。中々自分に合う制汗剤を見つけられませんでした。

 

そんな私が唯一(唯二?)使って効果のあった方法がこれです。

 

 

私の顔汗を止める方法

 

ヒモで縛る

 

言葉だけ見ると怪しげですが、ちゃんと医学的な根拠のある方法です。「半側発汗」という言葉に聞き覚えはあるでしょうか?

 

人間の体は右側を抑えると汗が止まり、左側から代わりに汗が出る、または上を抑えると汗が止まり、代わりに下半身から汗が出るという現象があるそうです。

 

半側発汗

 

医学的には皮膚圧反射というそうですが、これを利用した汗対策で、日本では昔から「芸者の高帯」として顔汗を止める方法として知られていました。

 

芸者さんは踊りで顔の化粧が崩れるのを防ぐために、胸のあたりを帯でぎゅっと縛るんだそうです。そうすると汗が止まって涼しい顔で踊れるので、真夏でも優雅さを保てるんだとか。

 

半側発汗

 

これを利用したグッズが販売されています。色々あるのでどの商品を選ぼうか迷うかもしれませんが、どれも似たり寄ったりなので汗止め効果は変わらないと思います。ちなみに、私が使っているのはこれです。

 


 

つけると不思議と汗が顔から出ません。着けている時はずっと顔汗を止める効果が続きます。一切出ない訳ではありませんが、相当減るので顔から汗がダラダラ流れたりすることがなくなります。

 

その分、下半身から、私の場合は足から汗が出ている気がしますが。

 

原理は上で説明した通りです。さらに、この商品は胸とわきの汗を止めるツボを刺激する突起がついているので汗止め効果が強化されています(気休めかもしれませんが)。

 

サラフェ

 

こんな感じで止めるので脱がない限り、人に気づかれる恐れはありません。ただし、ズレてきたりするので(ズレないと書いてますが)会社にいる時はトイレでつけ直しています。

 

透けて見えるのではと心配でしたが、肌色なので思ったより問題はありませんでした。

 

ただ、この汗止め帯でもその効果は完全ではありません。人前で話したり、初めての人と会ったりするような絶対汗をかきたくない時には、この制汗剤です。

 

 

制汗剤でビタっと止める!

 

私の使った制汗剤の中で最も強力に汗を止めてくれたのがこれです。これ以外では汗がぼとぼと垂れる状態だったのに、これをつけると汗がピタッと止まります。

 

サラフェ

 

さすがに私ほどの顔汗具合ですと、まる1日は持ちませんが、夕方にもう一度ジェルを付ければ一日顔汗知らず、さらさらで過ごせます。

 

仕事で人前で発表しなければいけなかったり、初めての人と会うときなど、緊張がピークに達して、以前なら顔汗がしたたり落ちていましたが、今では汗に煩わされることがなくなったのでスゴイ楽になりました。

 

サラフェ

 

最初はこのジェルの効果には半信半疑でした。この手の制汗剤は散々試した後だったので、どうせ裏切られるんだろうなあと思っていました。ホームページも雑誌の後ろの方にあるダイエット商品の広告みたいでウサン臭そうだったし。

 

ただ、「効果がなければ1本使いきった後でも全額返金」*してくれるというので、そこまで言うならダメ元で、と思い使ってみたら・・うれしい誤算でした。

 

なんでこんなに効くのかというと、「医薬部外品」だから。そこら辺の薬局で売っている化粧品とは違って、学術論文でも証明されている汗を抑える効果の証明された薬用成分を含んでいますので、実力がまるで違います。

 

制汗効果だけではない!

 

私がこの制汗ジェルを使って気に入ったのはその効果だけではありません。

 

このジェルは、メイクの上からでも使えるすぐれもの。外出時でも化粧直しが楽です。ちなみに、私の場合は汗が出て化粧崩れした部分だけ、ちょっとジェルを付けています。本当は全部につけた方が良いのかもしれませんが、面倒なので・・。それでも十分効果があります。

 

さらに、他の制汗剤でよくあるように、毛穴をふさいで皮膚呼吸を邪魔したりもしないので、お肌にも優しいのもうれしいです。合成着色料や香料、石油系界面活性剤といった人工的な添加物を一切含んでいないのも安心。

 

サラフェ

 

嬉しいことに美容成分も入っているらしいんですが・・・私の場合は、これで肌がきれいになったとまでは行きませんでした。

 

 

この制汗ジェルの気に入らない所?

 

とはいえ、気に入らない所もあります。値段です。単品で買うと何と8,480円+送料600円=9,080円!です。これで1か月分ですから安くはないですね。

 

ただ、「お試しコース」という定期便に申し込むとこれが送料込みで5,480円に。一気に3,600円も下がります。定期便と言うと「半年縛り」のような購入回数制限があるのかと身構えてしまいましたが、次回の発送の1週間前までに電話連絡すれば解約できますので安心です。

 

それでも1か月「5千円」は安くはないですが、少し高級な化粧品を追加したと思って自分を納得させています。今までこれほど顔汗を止められる・テカリを抑えられる化粧品なんてありませんでしたから。

 

それに何より、このジェルを使う事で「また他人前で汗をかいてしまうのではないか?」と心配することがなくなったことは、お金には代えがたい解放感でした。

 

人の目が気にならなくなり、ちょっと自信が持てるようになった気がします。今まで避けていた人付き合いにも積極的になった気がします。

 

そうしたプラスの効果も勘案したら、私的には1か月5千円は、十分元が取れています。

 

ぜひ皆さんもダメもとで試してみては!?

 

*「1本使いきっても返金可能」とは?

 

始めて注文した場合には、商品が手元に届いてから25日以内であれば商品代金を全額返金してくれます(その際の振込手数料250円と送料600円はこちらも持ちなので厳密に言うと全額ではないですが)。詳しくはホームページを確認してください。なお、こちらの公式ホームページから申し込まないと返金保証してくれませんのでご注意を。

 

 

 

公式サイト ⇒ 顔汗予防にサラフェプラス

 

 

 

顔汗

 

<自己紹介>

 

アバター

 

アラサーOLのヨッシーです。
顔汗を克服したので、
そろそろダイエットのためにも運動したい!